医療脱毛と光脱毛のメリット、デメリット

医療脱毛とは?どんな特徴がある?

医療脱毛はクリニックなどの医療機関で医療資格を持った看護師や医師などが施術を行います。医療機関だからこそ使用できるレーザー機器で、毛根内の毛をつくり出す毛母細胞という組織を破壊することで半永久的に毛を生やさなくすることが出来ます。1回あたりの脱毛効果が高いため施術回数も少なく、個人によって施術間隔が異なりますが約1年から2年の期間で脱毛を完了できます。強いレーザーを使用しているため毛量が多く太い毛にも対応が可能です。ただしレーザーのパワーが強いことから施術中に強い痛みを感じやすく、肌への負担も大きいというデメリットもあります。施術後の肌には十分なケアが必要になりますが、看護師や医師にすぐにトラブル相談が出来るのも医療脱毛の大きな強みですよね。

光脱毛は医療脱毛とくらべてどんな特徴がある?

エステサロンや脱毛サロンなどで専門スタッフが施術を行うのが光脱毛です。光脱毛は肌にライトを照射することで毛根にダメージを与えて、弱らせることで減毛を行います。医療脱毛の半永久的に毛が生えてこない施術と比較すると、光脱毛はムダ毛を生えにくくして目立たないようにする施術です。そのため光脱毛を行ってもムダ毛処理がまったく必要なくなるわけではありません。 医療脱毛の機械よりもパワーが弱い機械を使用しているため何度も繰り返して施術を行う必要があります。完了までの期間は個人差がありますが目安として約2年から3年が必要とされています。しかしパワーが弱いからこそ施術中に痛みを感じにくく肌への負担も少ない点から安心して脱毛が行えるというメリットがあります。また施術価格も医療脱毛にくらべるとリーズナブルな所が多いのも光脱毛の大きな強みです。